解釈

ベンジャミン・バトン

【雷に7回打たれた】あの登場人物の意味を個人的に考察(ベンジャミン・バトン)

映画、「ベンジャミンバトン」は2008年公開のヒューマンドラマ。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){arguments.currentS...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

【ラストシーンの解釈】「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」最後のメッセージを考察

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は2011年公開の、ヒューマンドラマです。 9・11同時多発テロで突然父親を亡くした家族が、その悲しみを乗り越えていくストーリーは、なんとも言えない切なさがあります。 この映画ではラストシーンの場...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

「ぼくとパパとの8分間が、終わっていく」オスカーの言葉の意味とは?

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は2011年公開の9・11テロに巻き込まれた家族を題材とした映画です。 主人公の少年オスカーは「アスペルガー症候群」の疑いがあり、独特な言葉遣いをしたり人とのコミュニケーションが若干苦手だったりと...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

【映画表紙の意味するもの】「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」オスカーの表情から考察

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は2011年公開のヒューマンドラマ映画です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){argume...