【名言まとめ】映画「ジョーブラックをよろしく」に出てきた忘れられないセリフ

  • URLをコピーしました!

映画「ジョーブラックをよろしく」は、ブラッドピット主演のファンタジー恋愛映画。

ブラッドピットのイケメンぶりに目を取られがちですが、本作の中には心に残る名言が数多くあります。

今回は、そんな「ジョーブラックをよろしく」の中で出てきた心に残る名言をいくつか取り上げてまとめてみました。

「ジョーブラックをよろしく」を無料で観る方法

「ジョーブラックをよろしく」配信まとめ

U-NEXT定額見放題31日間無料
Netflix
定額見放題790円〜/月額
primeビデオ
レンタル440円
TELASA
定額見放題2週間無料

【余談】映画で感動して流す涙にはストレス解消効果があります。これはストレスの原因になる物質を排出する重要な役割があるから。手頃に映画をたくさん観て日頃のストレスを発散したいならU-NEXTの様なサブスクがおすすめです!

>>U-NEXTのメリットデメリット

>>U-NEXT 無料トライアルの登録方法と解約方法

セリフの言い回しは全て「本作の吹き替え翻訳」からの引用になります。字幕版とのセリフに若干の相違がある場合もありますのでご了承ください。

目次

「ジョーブラックをよろしく」胸に残る名言まとめ

引用元:Netflix

ではさっそく、本作に出てきた個人的に心に残ったセリフたちをご紹介していきます。

「心を開いていれば、いつか稲妻に打たれる。」

引用元:facebook

「一度くらい恋に溺れてみろ。地に足がつかない想いで、歓喜の歌を歌い、踊り出してみろ。目のくらむ幸せを知れ。愛は情熱だ。妄想だ。無しでは生きられない。それが本当の愛だ。死ぬほど相手を好きになって、相手も同じだけ愛してくれる。そう言う人と会うには、考えずに心の声を聞くんだ。愛する人がいなければ人生を生きる意味などない。冒険をおかし恋に落ちることもなければ、それは生きてないのと同じだ。そういう恋を見つかる努力を何もしなければ、生きる意味はない。」

ビル

上記のセリフは、父親ビルが娘スーザンに向けて機内で伝えた非常に長いセリフですが、その長さからも娘に対する父親としての熱い情熱が感じられます。

このセリフを放った直後、スーザンから「要約して伝えて」と注意をされ、ビルは以下のセリフを続けて娘に放ちました。

「心を開いていれば、いつか稲妻に打たれる。」

ビル

このセリフだけでも、ビルが人生で学んだことを精一杯娘に伝えようとしていることが読み取れます。

「何をしても思い出す。妻を思い出さないで終わる日は一日もない。」

こちらのセリフは、ビルがジョーに「ラム肉のサンドウィッチ」を食べさせているシーンでのセリフです。

少しベタなセリフにも思えますが、この後に続くセリフは隠れた名言と言えます。

「何をしても思い出す。妻を思い出さないで終わる日は一日もない。ある日気分が悪いと言って倒れた翌日、逝った。」

ビル

そしてジョーに奥さんがどんな人だったのかを聞かれ、ビルはこう答えました。

「あいつは青いスーツを着てた。白い襟の付いた、そこに赤く、ふち取りがある。」

ビル

ビルの聞いていた「どんな出会い方をしたのか」を答える前に「出会った当時の妻の服装」を答えてしまったビルでしたが、咄嗟に口から出てしまった言葉だったのかもしれません。

おそらく初めて出会った時の思い出が今でも強くビルの中に残っており、(妻・ジョーン)に対してベタ惚れだったのでしょう。

またこの後、珍しく涙をぬぐうビルの姿もかなりレアでした。

「あたし達だってみんな1人だ。それでもね、運がよきゃ、いっぱいいい写真持って次んとこへ行ける。」

このセリフは、ジョーが病院に2度目に訪れた際の、シスターとの会話の中で出てきました。

本来の目的(人間世界を見て回る)から逸脱して、スーザンへの恋心を抱いていたジョーに対してスーザンはこう話しかけました。

「あんたいるとこが間違ってんだ。私ももう違う、私を連れて一緒に行こう。」

スーザン

この言葉に対しジョーは「でも孤独はもう嫌だ。」とそう伝えます。

しかしその言葉にもシスターは優しく、かつ厳しくこう伝えるのでした。

「それはいい思いをした。休みで島に来た人と一緒だ。日に焼けても真っ赤っかじゃない。茶色だ。寝てても虫に刺されない。でもそれ以上島にいると、痛い目にあうんだ。だからいい写真をいっぱい撮ったらもう帰った方がいい。騙されちゃいけないよ。あたし達だってみんな1人だ。それでもね、運がよきゃ、いっぱいいい写真持って次んとこへ行ける。」

シスター

このセリフの後、ジョーの「あんた、いっぱいいい写真持ったかい?」の問いに対して優しく頷くシスターの表情は、それまでの幸せに満ちた彼女の人生を表しているようでした。

上記のセリフは、決して死神のジョーにのみ向けたセリフではないかもしれません。要するに「足るを知った方がいい」ということをシスターは伝えたかったのかもしれません。

人間界で1人の女性を愛し、そして愛され幸せを知ってしまったジョーでしたがジョーは人間界に居てはいけない存在です。

人間界に死神が長居することでどんな悪いことが起きるのかについては流石に見当がつきませんが、「更なる欲を追求してもキリがないからここで区切りを付けて、いい写真(思い出)を持って元の世界に帰りなさい。」と伝えたかったのかもしれませんね。

>>U-NEXTのメリットデメリット

>>U-NEXT 無料トライアルの登録方法と解約方法

「おれの嫌なところを知ってて許してくれる。」

こちらのセリフは、父にとっての最後の誕生日会パーティーの直前、ジョーとクインスの間で交わされた会話の中で出てきました。

「愛」について困惑していることをクインスに相談したジョーは、クインスに対して「アリソンに(クインスは)愛されてる?」とそう問いかけました。

クインスは咄嗟に涙を堪えながら以下のように答えます。

「おれの嫌なところを知ってて許してくれる。具体的にこれって訳じゃないが要するに、つまり、お互いの秘密は知ってる。一番嫌な、言いたくない、秘密だ。そうすりゃ、自由だ!お互いの全てを愛して受け入れれば何も、怖くない。お互いのことで知らないことは何もない。だからいい。」

クインス

過去、アリソンとクインスの間にどんな秘密があったのか、詳細までは触れられませんでしたが、このセリフから2人の絆や信頼がどれほどのものか伺えますね。

「あなたは…、ジョーよ。」

ビルのパーティーが開かれている中、スーザンはジョーに対して「コーヒーショップで知り合った時の思い出話」を話しました。

しかしこの時ジョーは少し寂しそうな顔をします。

そして「キスをしたい」というジョーの要望からキスを交わす二人でしたが、抱き合ったいるときにスーザンは「あなたが離れていく。違う場所にいる」と、そう告げます。

その後の場面でーザンはジョーが「コーヒーショップで出会った青年とは(中身が)別人」であることに勘づきます。

しかし、スーザンはその恐怖心から「ジョーが本当は何者なのか」を聞くことが出来ませんでした。そんなスーザンにジョーはこんなセリフを投げかけます。

「知るのが怖い?大丈夫。誰かは関係ない。君は僕を知ってる。」

ジョー

そしてスーザンがこう問いかけました。

「あなた…。あなたは…。(うっすらと笑みを浮かべる)ジョーよ。」

スーザン

クインスの言っていたように、2人の「一番人に言いたくない秘密」を明かすことなく、互いの正体もはっきりしないままのジョーとスーザンでしたが、この二人の間にもたしかに「愛」はありました。しかしそれは認められない禁断の「愛」です。

スーザンはジョーの中身がだれであれ、「スーザン自身が恋をした一人の男ジョー」であることを伝えるために、「あなたはジョー。」と伝えたのかもしれませんね。

「君があの店で見つけたものは、君のものだ。」

そして最後にジョーはこう話しかけました。

「そうだ。僕はジョー。約束する。君があの店で見つけたものは、君のものだ。」

ジョー

ジョーはスーザンが恋に落ちた「コーヒーショップの青年」を、この時生き返らせることに決めたのかもしれません。そんな風にも捉えられる、ジョーの覚悟が読み取れるセリフです。

「愛してるよ。いつまでも愛してる。スーザン。愛してくれてありがとう。」

ジョー

このセリフを残し、ジョーはスーザンの前から去りました。

>>U-NEXTのメリットデメリット

>>U-NEXT 無料トライアルの登録方法と解約方法

「死と税金だよ。」

ビルはドリューを呼び出し、ドリューの悪事(ボンテキュー社との合併案)を暴こうとします。

この場面で、ジョーは自身の正体を死神ではなく「国税庁の秘密調査員」と虚偽の正体を明かしました。

そして、観ていて気持ちがいいくらいの大どんでん返しを起こし、最終的にドリューを辞任へと追い込みました。

その後のジョーのセリフは、非常にスカッとするものでした。

「死と税金だよ。」

ジョー

作中前半でドリューから放たれたこの言葉を、最後にジョーが上手く引用したこの場面は、めちゃくちゃ胸熱でした。

「65年間、瞬く間に過ぎた。」

こちらのセリフはビルがパーティー内で行ったスピーチの中から挙げたものです。

スピーチの内容は以下でした。

「素晴らしい日だ。ここのどの顔にも思い出がある。決して素晴らしい思いでばかりではないが…。生きていればいろいろあるが、今夜だけは、みんな私のものだ。ろうそくに何を願ったか、皆さんにお話ししておこう。みんなが私くらい、恵まれることだ。いつも目覚めてこう思う。私は満足だ。65年間、瞬く間に過ぎた。」

ビル

この短いセリフからも、ビルは沢山の”良い写真”をすでに持っていたことがうかがえます。

「それでいい。生きた証だ。」

最後のラストシーン、ビルはついにジョーと旅立つべく、パーティー会場を後にします。ジョーは涙を流し他後、悲しい表情を浮かべます。

ビルの「別れはつらいだろ。」の言葉に対して

ジョーは「とてもつらい。」と答えます。

「それでいい。生きた証だ。」

ビル

最後の最後にビルは、人生において最も大切なものは何のか、大切なものと別れなければいけない辛さがあることこそが「生きた証」だと、そうジョーに教えるのでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上映時間の長い作品ですので、一度観ただけでは中々すべてのセリフを拾いきれないと思いますが、見返せば見返すほど本作の良さは身に染みてくるでしょう。

まだ1度しかご覧になれていない方は、是非2度3度と見直してみてくださいね。

>>U-NEXTのメリットデメリット

>>U-NEXT 無料トライアルの登録方法と解約方法

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【PR】話題のニュース
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次