【考察】手術室の扉は○○を表している?(最高の人生の見つけ方)

※当ブログではアフィリエイト広告やプロモーションを掲載しています。

映画

「最高の人生の見つけた方」は2007年公開のアメリカ映画です。

今回は本作後半で登場したとあるワンシーンをめぐって、個人的に考察をしたものを書かせていただきました。

ちょっとした一つの考察程度にお読みいただけると幸いです。

【考察】手術室の扉は「天国の扉」を表していた?

本作後半では、カーターが遂に病に倒れ、妻のバージニアに見送られながら手術室に運ばれていくシーンが描かれていました。

このシーンを何度か鑑賞し個人的に思ったのは、「手術室の扉」は「天国の扉」を表していたのではないかという解釈です。

カーターはエジプトで、エドワードに対してこのように語っていました。

「古代エジプト人はこう信じていた。死ぬと天国の扉の前で神に2つ質問され、その答えによって入れるか決まる。」

カーター

カーターはこの2つの問いをこの様に答えました。

「人生に喜びを見つけたか」

「他者に喜びを与えたか」

カーターはたしかに、”人生の喜び(バージニアの存在)”を見つけました。

そして「妻バージニア」や「エドワード」に対して、確かに喜びを与えた人生でした。

もしカーターが天国の扉の前で例の質問を2つ受けていたとしたら、自信を持って「イエス」と答えたでしょう。

その「イエス」という言葉の中に、カーターの人生の全てが詰まっていたことでしょう。

まとめ

こじつけの様な解釈ではありますが、発想豊かに映画のワンシーンを考察するのも楽しみ方の一つだと心得ています。

お読みいただいた方の中で、他の視点の考察がもしあれば、ぜひコメントまでお寄せください。

お読みいただきありがとうございました。

facebook公式

本作にも登場したコピルアク

コメント

タイトルとURLをコピーしました